ホーム > お役立ち > 太陽光発電に関する用語集

太陽光発電に関する用語集

太陽光発電システムの導入をご検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。お得で環境にやさしいという魅力がありますが、高額で大掛かりな契約や取り付けとなりますので、ある程度知識をつけておくことをおすすめします。 こちらでは、太陽光発電に関する用語をご紹介していきますので、是非お役立てください。

■太陽光発電の用語を学ぼう

・架台

屋根にパネルを設置するときの土台となる、台座やフレームのことをいいます。正式には、太陽電池用架台と呼びます。屋根の形状により、多くの種類が存在します。

・余剰電力、売電

太陽光にて発電された電力が、家庭内で消費する電力量より上回り余った電気のことをいいます。この余剰電力は、電力会社に売却が可能です。こうして売却することを、売電と呼びます。

・モジュール

屋根に設置される太陽光発電システムは、いくつかの小さなパネルで構成されていますが、この一つ一つのパネルをモジュールと呼びます。屋根で利用できるよう強化ガラスで覆われ、耐久性を備えています。

・接続箱、パワーコンディショナー

接続箱は、モジュールで発電された直流電力を一つにまとめてパワーコンディショナーに供給する機器のことをいいます。接続ユニットとも呼ばれます。パワーコンディショナーは、直流電力を家庭で使える交流電力へ変換する機器のことをいいます。また、太陽光発電システム全体の管理も行います。

・パネル強度

パネルには、国で定めた製品ごとの指標であるJIS規格でパネルの強度が表記されています。Pa(パスカル)の単位で表され、数値が高いほど耐久性に優れていることを示します。

・発電モニタ

太陽光発電システムにて発電された現在の発電状況や消費電力状況、電力会社への売電状況をリアルタイムで表示するディスプレイ装置のことをいいます。また、モニタによっては発電量の推移をグラフ化したり数値で表したりと、太陽光発電生活が楽しくなる仕組みが組み込まれています。

つくば市周辺にて太陽光発電導入なら、弊社へご依頼ください。住宅用はもちろん、産業用の太陽光発電システムの販売・施工も承っております。200件以上の施工実績もございますので、どうぞ安心してお任せください。心よりご依頼をお待ちしております。

TOP