ホーム > お役立ち > 蓄電池の基礎知識

蓄電池の基礎知識

蓄電池は充電で蓄えた電気を電池として使用することができます。蓄電池の技術は時代と共に進化しており、省エネや節電に役立っています。

■蓄電池とは

冒頭でも少し説明しましたが、蓄電池は充電して使う電池のことです。テレビのリモコンや時計などに使用するアルカリ電池やマンガン電池は一度使い切ると後から充電することができません。このような電池を一次電池と呼び、蓄電池のように充電すれば何度でも使える電池を二次電池と呼びます。

身近な電子機器によく使用されている単3形などがあるニッケル水素充電池や、携帯電話やノートパソコンの電池に使用されているリチウムイオン電池も二次電池の一種です。

■太陽電池=蓄電池ではない

省エネのために太陽電池を設置する家庭が年々増えています。太陽電池という名称のイメージからすると、太陽が出ている間に電気を貯めて好きな時に電気が使えると思ってしまいます。しかし、太陽電池は光エネルギーを電気に変換するための装置なので、太陽電池そのものに電気を貯める機能は備わっていません。

太陽電池で作った電気を貯めるためには、蓄電池が必要なのです。「太陽電池があれば災害で停電しても大丈夫」と思っている方もいらっしゃいますが、蓄電池と太陽電池を併用しないと停電時に電気を使うことができません。

■蓄電池を導入するなら

弊社は、つくば市を中心に蓄電池の設置と太陽光発電システムの施工を行っています。蓄電池は家庭用と産業用があるので、一般家庭からオフィス、学校、病院などどんな建物にも導入可能です。近年は過去に例のない自然災害が多発しています。災害対策の一つとして蓄電池の導入をおすすめします。つくば市やその他周辺エリアで蓄電池の導入を検討されている方は、弊社までご相談ください。

TOP