ホーム > お役立ち > ソーラーパネルのメカニズム

ソーラーパネルのメカニズム

光熱費の削減、売電、クリーンエネルギー、補助金など他にも様々なメリットがある太陽光発電。太陽光発電を導入している家庭も年々増えてきています。今後、太陽光発電を導入していこうとご検討されているご家庭もあるのではないでしょうか。そんな方のために、こちらではソーラーパネルにより電力が生まれるメカニズムについてご紹介していきたいと思います。

■ソーラーパネルの構造

ソーラーパネルを見ると青くて小さな板がいくつも並んでいます。この青くて小さな板を「太陽電池(セル)」といい、太陽電池を複数縦横に並べてモジュールをかたまりにしたものがソーラーパネルです。太陽電池には、大きく分けてシリコンを原料とする「結晶シリコン系」とシリコンを使用しない化合物系の「CIS太陽電池」の2種類あります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

■太陽電池の種類

・結晶シリコン系

太陽光発電市場の大部分を占めるのが、この結晶シリコン系です。結晶シリコン系の種類には、変換効率の高い屋根などに多く積載できる、住宅用に最適な「単結晶シリコン」と価格と性能のバランスがよく、産業用として多く用いられている「多結晶シリコン」があります。

・CIS太陽電池

CIS太陽電池の種類には、主原料となる「銅(Copper)・インジウム(Indium)・セレン(Selenium)」の頭文字と「ガリウム(Gallium)」をプラスしたCIGS太陽電池と「カドミウム(Cd)・テルル(Te)」を主原料としたCdte太陽電池があります。CIS太陽電池はシリコンを使用していないため、省資源で製造が可能で、全天候において発電量に優れてた特徴をもっています。

■光から電気に変わる仕組み

太陽光発電の仕組みは、太陽の光によって電気を発生させる現象「光電効果」を利用し、光から電気へと変換させて使用します。太陽電池によって生まれた電流は、パワーコンディショナによって、一般的な電力会社が供給する電気に変換されます。その連係システムを利用することで電力の使用が可能になり、発電した電気を蓄えることができるのです。

弊社では、茨城を中心に太陽光発電の販売・施工を行っております。太陽光発電の導入をご検討されている方は、是非弊社にご相談ください。

TOP