ホーム > ブログ

オール電化住宅について

マイホームをオール電化住宅にしたいと考えられている方もいらっしゃるでしょう。一戸建ての建築をする際に導入の予定をされている方はもちろん、住み慣れたマイホームをリフォームする際に導入される方もいらっしゃいます。このように注目を集めているオール電化住宅とは一体どのようなメリットがある住宅なのでしょうか。
こちらでは、オール電化住宅についてご紹介します。

■オール電化住宅の特徴

これまで多くの家庭では、調理をする時や入浴する時にガスのエネルギーを利用していました。寒い時にはお部屋の温度をガスヒーターで調節されている方もいらっしゃるでしょう。オール電化住宅ではこのように調理をする時や入浴する時、お部屋の温度を快適にする時に利用するエネルギーをガスではなく、電気のエネルギーに統一しているという大きな特徴を持ちます。

代表的なオール電化にはIHクッキングヒーターやエコキュートなどがあります。また、太陽光発電と相性が良く、屋根にソーラーパネルを設置していることが多いです。

■光熱費との関係

私たちが生活するために必要な電気やガスを利用すると、たくさんの費用が発生します。毎日利用する光熱費を少しでも抑えたいと考えられている方は、電気に注目してオール電化システムを導入することをおすすめします。

本当にお得になるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、オール電化の電気代は、お昼にかかる金額と深夜にかかる金額が変動する特徴があります。そのため、電気量の安い深夜にお湯を沸かして昼間使用したりするなどして節約が可能になるのです。

茨木県つくば市に本社を構える弊社では、つくば市を中心に太陽光発電システムの販売・施工を行っています。オール電化住宅をご検討されている方はお気軽にご相談ください。他ページで事例も記載していますので、ご検討されている方は、是非ご参考ください。

生活に役立つ蓄電池について

■停電で困ること

台風や地震が多い日本は、いつ大きな自然災害に巻き込まれてもおかしくない国です。自然災害によってもたらされる問題の一つに停電があります。大雨や大風、落雷や地震によって停電すると、テレビを見ることができなくなることはもちろん、冷蔵庫が使用できなくなるため入れている食材が傷んでしまう可能性もあります。

マンションやアパートの中には、停電することによってポンプの電源が落ちてしまうと、トイレが使用できなくなることもあります。
このように停電すると困ることはたくさんありますから、私たちの生活には電気が欠かせないと言えます。

■電気は蓄えることができる

電気は蓄電池に蓄えることができます。蓄電池には様々な種類ありますので、種類によって蓄えることができる容量は異なりますが、蓄電池に電気を蓄えておけば、停電した時も蓄えておいた電気で不足分を補うことができるのです。

蓄電池のエネルギーが不足してしまった場合は、太陽光発電システムと連携させることも可能です。また、電気料金の安い夜間に電気を蓄えておき、ピーク時で料金の高い昼間に使用することができるため、節電や省エネにも取り組むことができるのです。

蓄電池があれば、万が一停電した時も電気を使用することができます。大きな自然災害に巻き込まれても困らないように、生活に役に立つ蓄電池の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか?つくば市を中心に太陽光発電システムの販売や施工を行っている弊社では、産業用はもちろんのこと家庭用の大容量蓄電システムを取り扱っています。
つくば市周辺にお住まいの方、蓄電池に興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。オール電化のリフォームに関するご依頼も受け付けております。

屋根の種類別の特徴

太陽光発電システムの導入をご検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。太陽光発電システムの導入をより満足できるものにするためには、屋根の種類に合った施工を行うことが重要になります。

こちらでは、屋根の種類と特徴をご紹介致しますので、ご検討されている方は是非参考になさってください。

■陸屋根

デザイン性の高い鉄筋コンクリート造りの住宅や、豪雪地帯で多く見られる屋根のタイプです。屋根というと傾斜があるものをイメージされる方が多いかと思いますが、陸屋根は傾斜がありません。そのため、太陽光発電で必要になるソーラーパネルを設置することができないと思われている方も多いかと思います。しかし、傾斜がないという特徴を活かすことで傾斜がある屋根と比べると方角や角度も細かく調整することが可能なので、発電効率を高めやすいというメリットがあります。

■切妻屋根

切妻屋根は皆様がイメージされているような一般的な屋根です。本を伏せたような2面で構成されていて1面がとても大きく、2面にソーラーパネルを取り付けることも可能です。しかし、より効率良く発電するなら南方向の面に設置することをおすすめします。

■寄棟屋根

寄棟屋根も切妻屋根と同様多く見られる屋根です。台形と三角形の4面で構成されている特徴があり、それぞれの面に傾斜がついているタイプの頑丈な屋根です。陸屋根と切妻屋根は四角形のため、効率良くソーラーパネルを設置することができますが、台形・三角形の形をした寄棟屋根に効率良くソーラーパネルをつけるためには、コーナーモジュールというパネルも用いるようになっています。

弊社では、産業用・住宅用の太陽光発電システムの販売と施工を行っています。様々な屋根のタイプに合ったソーラーパネルを丁寧に設置致します。つくば市を中心に施工していますので、つくば市周辺で太陽光発電システムの導入をご検討されている方は、お気軽にご依頼ください。

前の3件 1  2  3  4  5
TOP