ホーム > ブログ

太陽光発電システムは定期的なメンテナンスを

太陽光発電システムの導入が推奨されるようになった経緯は様々あり、そのうちの1つは20年間の全量買取制度を国が打ち出したこと。10kW以上であれば住宅用の発電システムでもこの制度を利用できるため、多くの方が一度は太陽光発電システムの導入を検討されたと存じます。
全量買取制度は地球温暖化や化石燃料の枯渇など、様々な環境問題に対応するための国策として2012年に始まりました。企業や遊休地所有者様にとっては収益を出し、企業イメージ向上の助けにもなるなど、メリットも多く、このこときっかけに産業用太陽光発電システムを導入した企業様も少なくないのではないでしょうか。

無から有を生み出す太陽光発電システム。半永久的に使えるようなイメージもあるかもしれませんが、長期間屋外に設置するため、故障や破損などによって、稼動しなくなる可能性は決して低くありません。20年間は国が電力の買取を保証するといっても、発電自体出来なくなってしまうと意味がありません。システムの寿命を延ばすためにも定期メンテナンスをご検討ください。

■弊社の点検内容

太陽光発電システムは主に"ストリングス"、"接続箱"、"パワコン(PCS)"、"表示装置"、"受電盤"の5つで構成されていて、それぞれ外観点検、動作点検、数値測定を行います。

外観点検

外観点検では、モジュールのガラス表面に破損や太陽光を遮るような障害物が無いか点検したり、接続箱の外箱に腐食や破損が無いか確認したりします。不具合や発電効率の低下に繋がる原因を早期発見し、報告、対策を行います。

  • モジュール:ガラスの表面の汚れ、破損、障害物を点検
  • 接続箱:外箱の腐食や破損、配線の損傷、緩みを点検
  • パワコン:外箱の腐食や破損、変色および配線の損傷、緩み。通気口や換気フィルターの損傷、異音や過熱を点検
動作点検・数値測定

動作点検では見ただけでは分からないような内部的な不具合や破損が無いかを点検し、併せて数値測定も行うことで、効率的に動作しているか点検します。故障パネルは無いか、ストリング単位では異常は出ていないかなど、小さな機器から全体的に確認を行っていきます。

  • モジュール:パネル1枚1枚の電流値を測定。
  • 接続箱:ストリング単位で開放電圧値、抵抗値を測定。
  • パワコン:運転履歴の確認。PCS出力データロガーの設定、表示モニターチェックなど。

つくば市にある弊社では、多くの注目を集めている太陽光エネルギーを電気に変える太陽光発電システムの販売施工からメンテナンスまで、産業用、住宅用問わず、多くの施工実績がございます。
見ただけでは分からない内部的な不具合は、点検することで深刻化を防げるため、特に定期点検が大切になるのです。効率よく稼動させ続けるためにぜひ定期的なメンテナンスをご検討ください。

光熱費削減だけじゃない、オール電化の魅力

オール電化を使用する目的として、「光熱費がカットできる」と経済的な魅力を第一に挙げる人が多くいらっしゃいますが、その他にも以下のような嬉しいメリットが生まれるのをご存知でしょうか。

■環境に優しい

オール電化を導入すると、無駄なエネルギーの消費を抑えることができるため、地球環境へ大きな影響を与えます。例えばエコキュートの場合なら、空気の熱を利用してお湯を沸かしていきます。太陽であたためられた熱を有効活用するわけですから、地球温暖化対策に貢献することになります。

オゾン層を破壊する力が強いとされるフロンを一切使用せずとも、従来の燃焼式給湯器よりもエネルギー使用量を約3割削減、CO2排出量を半分以上も削減できる仕組みになっています。

■衛生的

調理や暖房に火を使用しないため、熱がこもりにくく、空気がいつもクリーンな状態です。水蒸気による結露の発生を抑えて、サビ・カビ・ダニの発生要因をも少なくしてくれます。IHクッキングヒーターであれば、油煙や油の飛び散りが少ないため、キッチン周辺や換気扇を掃除する回数も減り、お手入れがとても楽になります。

■安全性が高い

オール電化のIHヒーターは、火を使わないので、火傷や不完全燃焼、火災のリスクがグンと下がります。現在、コンロ(調理器具)による火災発生が、建物の出火原因として多く報告されています。オール電化住宅では火を扱わないため、小さなお子様がいるご家庭でも安心安全な生活を送ることができます。

茨城県オール電化の導入をお考えなら弊社までお問い合わせください。つくば市を中心に、オール電化商品の販売や設置工事を行っております。ご自宅の電気に関するお困りごとにも丁寧に対応させて頂きます。

蓄電池の基礎知識

蓄電池は充電で蓄えた電気を電池として使用することができます。蓄電池の技術は時代と共に進化しており、省エネや節電に役立っています。

■蓄電池とは

冒頭でも少し説明しましたが、蓄電池は充電して使う電池のことです。テレビのリモコンや時計などに使用するアルカリ電池やマンガン電池は一度使い切ると後から充電することができません。このような電池を一次電池と呼び、蓄電池のように充電すれば何度でも使える電池を二次電池と呼びます。

身近な電子機器によく使用されている単3形などがあるニッケル水素充電池や、携帯電話やノートパソコンの電池に使用されているリチウムイオン電池も二次電池の一種です。

■太陽電池=蓄電池ではない

省エネのために太陽電池を設置する家庭が年々増えています。太陽電池という名称のイメージからすると、太陽が出ている間に電気を貯めて好きな時に電気が使えると思ってしまいます。しかし、太陽電池は光エネルギーを電気に変換するための装置なので、太陽電池そのものに電気を貯める機能は備わっていません。

太陽電池で作った電気を貯めるためには、蓄電池が必要なのです。「太陽電池があれば災害で停電しても大丈夫」と思っている方もいらっしゃいますが、蓄電池と太陽電池を併用しないと停電時に電気を使うことができません。

■蓄電池を導入するなら

弊社は、つくば市を中心に蓄電池の設置と太陽光発電システムの施工を行っています。蓄電池は家庭用と産業用があるので、一般家庭からオフィス、学校、病院などどんな建物にも導入可能です。近年は過去に例のない自然災害が多発しています。災害対策の一つとして蓄電池の導入をおすすめします。つくば市やその他周辺エリアで蓄電池の導入を検討されている方は、弊社までご相談ください。

1  2  3  4  5
TOP